シミュレーションによる研究支援および産業発展
シミュレーションを活用した研究開発現場のコストダウンおよび新規研究テーマ・技術開発の支援
社会に埋もれているエッヂ人材を活用しつつ本質的価値を創造
■ 2019/4/1 
新サービス『Winmostarサポートパック』をリリースしました。ウェブサイト
■ 2019/4/1 
新製品『ESM-RISM計算モジュール』をリリースしました。ウェブサイト
■ 2019/4/1 
新サービス『インフォマティクスソリューション』、『可視化ソリューション』をリリースしました。インフォマティクスソリューション説明資料
■ 2019/5/27-29 北海道大学学術交流会館
第22回理論化学討論会に出展します。ウェブサイト
■ 2019/7/18-25 
大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター主催の配信講義、計算科学技術特論A(2019)において弊社社員が講義『量子化学計算の大規模化』を行います。全国複数の大学で同時配信が行われ、誰でも無料で受講できます。ウェブサイト

WinmostarTM



リーフレット    説明資料

お問い合わせ

#2019年1月8日現在、自動車・電機・化学・素材・医薬品メーカー、国研・大学など775ユーザのシングルライセンス、 48機関での年間ライセンス契約があります。

WinmostarTM for you

Fragment ER

大阪大学松林教授と東レ株式会社により共同開発された手法を実装したソフトウエアとそのGUIを提供します。タンパク-リガンド間結合自由エネルギーの高効率な計算が可能となります。


お問い合わせ

DCDFTBMD

早稲田大学中井教授のグループで開発された手法を実装したソフトウエアとそのGUIを提供します。従来よりも低コストで大規模系の電子状態計算を実行することが可能となります。

お問い合わせ

溶解度パラメータ計算モジュール

相溶性の評価指標として高精度なハンセン溶解度パラメータを、WinmostarのGUIから取得することが可能になります。

お問い合わせ  詳細はこちら

ESM-RISM計算モジュール

電気化学系向けの境界条件と高精度な溶媒効果を考慮した第一原理計算をWinmostarのGUIから実行し、結果解析することが可能になります。電池 ・キャパシタ・電気メッキ・腐食・防食・電気化学センサーなどの電子状態計算を必要とするお客様向けのモジュールです。

お問い合わせ

インフォマティクスソリューション

人工知能(AI)技術によりシミュレーション・実験データ解析を高度化する、マテリアルズインフォマティクスあるいはケモインフォマティクス分野のソリューションです。コンサルティング、教師データの収集、学習・推論プログラムの開発、解析の受託、レポートの作成などを行います。

お問い合わせ  説明資料

  • 主要取引先
  • 理化学研究所、J-PARCセンター、先端医療振興財団、東京大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、大手民間企業複数社(電機、化学、医薬品メーカ)

    可視化ソリューション

    透明樹脂3Dプリンティング、3DCG、ホログラムディスプレイ(Looking Glass)を用いたシミュレーションまたは実験データの可視化、可視化用プログラム開発、コンサルティングを行います。また、VTuber(バーチャルYouTuber)のアバター作成等も行います。

    お問い合わせ  旧3Dプリンティングサービス詳細

    受託ソフトウェア開発

    科学技術計算、可視化、並列化・高速化・GPGPU化、データ解析、シミュレーション、機械学習に関するソフトウェアを受託開発します。

    お問い合わせ  主な開発実績はこちら

  • 主要取引先
  • 理化学研究所、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、分子科学研究所、海洋研究開発機構、計算科学振興財団、放射光ナノテクセンター(SPring-8)、J-PARCセンター、先端医療振興財団、石川県工業試験場、東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、神戸大学、早稲田大学、大手民間企業複数社

    XA-CUDA-QM

    GPGPUを使用して量子化学計算を高速化します。近日中に某量子化学ソルバのGPGPUライブラリとしてアップデートされる予定です。

    お問い合わせ  技術資料1  技術資料2  技術資料3

    トップへ戻る